現状復帰や大規模修繕でマンションの資産価値を守ろう

男女

依頼する場所を選ぶ

インテリア

店舗デザインは店内の雰囲気を作ることはもちろん、使いやすい導線・入りやすい外観も必要とされます。最近では外観を昔ながらの状態で利用して、内部をリノベーションして利用することも多くなっています。

もっと見る

安全に利用するため

建築

エレベーターはボタン一つで自分たちが行きたい所まで連れていってくれる物で、重宝している人もたくさん存在する。しかし、まれに事故が起きてしまう事があるので、ちゃんとエレベーターのメンテナンスをしてもらわなければいけない。

もっと見る

綺麗に舗装する

建物

自社が保有している道路の整備は進んでいるでしょうか。まだ整備が進んでいない場合にはアスファルト舗装することをお勧めします。アスファルト舗装をすることによって、道路の対応年数が変わってきます。

もっと見る

投資物件の施工

男性作業者

資産運用の一貫としてマンション投資をしているオーナーが多いでしょう。賃貸物件として貸出をすることで、その分の家賃収入が得られるから魅力的であると言われています。
ただ、この物件管理において必ず考えておきたいのが現状復帰。賃貸契約が終わり貸していた部屋が戻ってきたら、100%貸したままの綺麗な状態で戻ることはありません。時間の経過で傷む箇所もありますし、使用されている間に汚れや傷がついてしまうこともあります。この部屋をそのまま違う人に貸せる状態とは言えないので、現状復帰の施工を利用されるオーナーが多いわけです。

現状復帰に対応している業者は、日本全国にあります。それぞれ特色と得意な施工を持っているので比較をしてから選ぶことが大事でしょう。ただ、施工内容以外にも業者を比較することができます。
例えば、施工の見積もりと流れを説明するようなタイミングは、いかに丁寧で分かりやすいかを見るといいでしょう。素人が施工の内容をすべて把握できるわけではありませんが、どのように作業をするかしっかり説明してくれる方が安心です。また、施工が終わった後に点検やアフターサービスがしっかりしているところもいいでしょう。現状復帰は基本的に元に戻す施工なので、思っていたよりも綺麗になっていないというトラブルもあります。そうしたことにならないように、施工後の点検がしっかりしている業者が安全であると言えるでしょう。賃貸物件として活用する場合は、資産価値を保全することも意識して現状復帰に臨みましょう。